江別で税理士

日常及び仕事で思ったこと、考えたことを適当に日記にしてきます。

2016.07 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2016.09

結婚式

3連休、
友人の結婚式で、東京まで行ってきました。

3次会が終わり、夜の12時ころ
ホテルの近くの水に落ちてしまいました。

礼服だったのですが全身びしょ濡れになり、
真夏にもかかわらず、寒い思いをして風邪をひいてしまいました。

えべチュンサブレ

昨日、江別での異業種交流会で、

グループ対抗江別クイズ大会に優勝し、

ノースライブコーヒーの
「えべチュンサブレ」をゲットしました。

「えべちゅん」は江別の人気ご当地ゆるキャラで、
彦根の「ゆるキャラ祭り」にも参加しているそうです。

はとサブレにも負けないおいしさです。

長友選手

日本代表、長友選手が大活躍してますね。

海外クラブにいいアピールになっているようです。

長友選手は体脂肪率が3%台だとか。

その肉体を強調するためにピチピチのユニフォームを着ているのかと思いましたが、
あれはアディダスの新製品で、着圧を強くし、相手にユニフォームを掴まれないためのものだそうです。

ユニフォーム作成会社もワールドカップでは新製品アピールのいい機会なんですね。

法人税実効税率引き下げ

最近、
鳩山さんや大塚副内閣相が法人税実効税率引き下げについて発言してます。

現在は法人税実効税率42%、
欧米は20〜30%位のようですが、

鳩山さんは海外並み、
大塚さんは少なくとも30%を切ると言っています。

国際競争力の強化にはいいと思います。

また、これから法人を設立しようとする起業者を税法面から喚起することができていいことだと思います。

個人事業主と法人で、税金を比べると
所得最高税率(所得1800万超)+住民税率+個人事業税率は、
40%+10%+5%=55%

法人税実効税率が30%を切ると20%も差が生じます。

さらに民主党は最高税率の引き上げも考えてるみたいなので、

個人事業主は税率面で有利な会社を設立して
「法人なり」を選択する個人が増えいくかもしれません。

ファーストフード税

ルーマニアでは、
増大する医療費の財源確保につなげるため、
肥満との関連が指摘されるファストフードやスナック菓子などへの課税策を打ち出したそうです。
ソフトドリンクも対象のようです。
課税対象品を取り扱う業者が税を払う仕組みのようですが、
結局は、売価に転嫁して最終消費者が負担することになる気がします。

日本もたばこ税を増税しました。

台湾もジャンクフード税の導入を考えているらしいですし、
オバマ大統領は、炭酸飲料税について前向きのようです。

これからは、健康関連の税金も注目されていくようですかね。

日本シリーズ第2戦

昨日、札幌ドームに日本シリーズを見に行きました。

ダルビッシュの登板、稲葉の先制ホームランなど見ごたえ十分でした。
2点差の白熱した状況の中、札幌ドームは異常に盛り上がりました。
そしてみごと日ハムが勝利!

明日以降、東京ドームでアウェイですが、
日本一目指してがんばってください。

牧草ロール

牧草ロールが25個盗まれたというニュースを見ました。

牧草ロールといえば、
広大な牧草地に置いてある
北海道の、のんびりとした牧歌的風景の代名詞的なものです。

子供のとき、牧草ロールに乗って遊んだ記憶があります。

これ500キロ、直径1.5メートルもするらしいです。

今年は牧草があまり取れなかったため、1個5000円するようなので、
5000×25=125000円の被害です。

牧草ロールの盗難は前代未聞ということですが、今年は天候不順で品薄が背景にあるのではとのこと。

原油価格の高騰した去年は、外にある灯油タンクから灯油の盗難があったようですし、高騰して外にあるものは管理に気をつけなければならないですね。

日ハム対楽天 クライマックスシリーズ第1戦

スレッジの
満塁逆転サヨナラホームラン!!

鳥肌が立ちました!!!

民主党

政権交代となりました。

民主党の政策には税金に関する項目もいくつかあります。

その中で、発泡酒党の私には、

「酒税については、特に清酒・焼酎などの現行の税負担に配慮しつつ、基本的に致酔性に着目してアルコール度数に比例した税制とすることを検討します。」(民主党政策集より)

というのが気になります。

ビール、発泡酒の価格の大半を占めているのは酒税のようです。

原料は違えども、アルコール度数は、ビールも発泡酒もほぼ一緒。
ビールが相対的に安く、発泡酒が相対的に高くなるのでしょうね。。

焼酎も度数の高いものが好きな私(30度以上を特に愛してます)には、アルコール度数比例の割合を下げ、現行の税負担の配慮を厚くして欲しいです。

クレーム対応

昨日、
クレーム対応についての番組がやっていました。

その番組内で、290円ラーメンの「幸楽宛」について特集されていました。

幸楽宛は、出店戦略により順調に業績を伸ばしてきていましたが、

急激な出店によって、
従業員教育が間に合わず、クレームが月に600件まで増えたそうです。

このクレーム数と関係するのか、業績も悪化しはじめ、
このままでは問題だということで、「お客様相談室」を設け真摯にお客様への対応をしたところ、
クレームは減り、みごと業績も回復したとのこと。

クレームへの真摯な対応が業績回復に結びついたよい例だと思いました。

また、「お客様相談室」担当者の対応が非常によかったです。

へらへらした態度の悪い接客係が、お客から怒られ、動揺していたとき、
この「お客様相談室」の担当者は、従業員を怒らず、
店長とエリアリーダーを呼び出し、
「教育しないお前たちが悪い、教育されないで怒られる接客係はむしろかわいそうだ」と指導したり、

「二度と行きたくない」と書かれているアンケート用紙を見て、
「このお客さんは、問題さえ解決すれば、また来たいと思っているはずだ」とお客さんの元へ直接趣き謝罪をしたところ、
「また食べに行きます」とお客さんに言ってもらっているところなどよかったと思いました。

連結納税

6月6日の日経によると、
連結納税制度が利用しやすくすることが検討されているようです。

?現行制度は連結納税を導入した場合、繰越欠損金の所得相殺は親会社の繰越欠損しか認めていませんが、これを子会社の繰越欠損まで相殺できるようにする。

?連結納税を導入する際に、子会社の資産を時価で評価しなければならない制度を改め、簿価評価を認めるようにすることを検討する。
これによって、子会社の保有する資産の時価評価の含み益の実現による課税がされなくなる。

?現状では100%子会社だけとしている連結納税の対象の条件を緩める。

?複数ある子会社の中からどれを連結納税の対象にするかを選べる制度の導入。

連結納税制度が随分と利用しやすくなるようです。

繰越欠損金のある会社の株を外部より取得して連結納税適用の子会社とし、親会社所得と相殺するような安易な租税回避行為はできないように制度設計されると思いますが、
100%までは資本関係のない子会社の繰越欠損金を利用できるなどいろいろな恩恵がありそうです。

日高屋

日経を見ていたら、ハイデイ日高屋の増収増益の記事が書かれていました。

ハイデイ日高は、中華そば350円のラーメンチェーン日高屋を展開する会社です。

2010年2月期の利益は5期連続で過去最高を更新する見通しのようです。

低価格で増益を続ける背景は、

利益率の低下した店舗を閉店とする「見切り」の早さがあるといいます。

?最高益が続く状況で、毎年5店舗程度閉めるが、そのうち4店舗は黒字状態で閉める決断をしているらしいです。
?赤字店は、開店後2ヶ月で閉めた事例もあるようです。

このように見切りが早いため、前期末で220店のうち、
赤字店は2店舗にとどまっていて、小さい傷口を大きくなる前に傷を塞ぐことができているとのこと。

見切るには大きな勇気が必要ですが、
利益率などの指標を常に分析して、損失が大きくなる前に見切る勇気は必要だと思いました。

豚の放牧

当別で、
放牧豚を特産にしようという活動がされているという記事がありました。

豚を放牧する。⇒億単位する豚舎が数十万円の柵ですむ、狭い豚舎と比べてストレスが少なく肉質もよくなる。
    
耕作放棄地に放牧する。⇒豚が農地を耕し、豚の尿は肥料原料となるリンを含み農作物を育てられ、循環型農業ができるようになる。

エサの大半を周辺農家の規格外のジャガイモにする。⇒規格外により配合飼料に比べて20分の1に抑えられる。

などのメリットがあるようです。

沖縄出身の社長が、豚が越冬できることを確認し、スタートにこぎつけたようです。

放牧で豚を越冬させるとは、考えたこともありませんでした。

道外の人のアイデアで、新しい特産物が生まれ、耕作放棄地等を有効利用されるのはよいことです。

道内の常識にとらわれず、道外の意見も取り入れるよい事例だと思いました。




緊急自動車

在宅療養を続ける患者などの容体が急変した際、
患者宅に駆けつける医師の車が、
4月から、「緊急自動車」として認められることになるようです。

回転灯やサイレンの設置などの条件を満たせば、
救急車などと同じように道路を優先的に通ることができるようです。

最近、よくテレビやドラマでドクターヘリの
迅速な初期治療及び搬送に対する有用性が取り上げられています。

しかし、
高コストがヘリの台数増への障害になっているとも伝えられてきます。

それぞれの医師の車が「緊急自動車」となることで、
初期治療の開始を可能にし、ドクターヘリの代替として機能して欲しいです。

豊田市の市民税

トヨタの本社がある、豊田市は、
法人市民税が前年度当初予算比426億円減の16億円となり、
96.3%の大幅減になったようです。

これは、40年前の市民税と同水準のようです。

歳入不足を補うため財政調整基金から206億円を、
特定目的基金から76億円を取り崩し、
市債を107億円発行するとのこと。

これでも合わせて、389億円。
当初予算比減の426億円には37億円も足りてないですね。

このため、行政改革として、
職員や市民の海外派遣の凍結や例年2億円を計上していた美術館の美術品購入費をゼロにするなどして、60億円を捻出するそうです。


今年は、これで乗り切っても基金の大半を取り崩してしまった来年以降は大変そうです。

一件の大口取引先に頼った経営をすると、
自分の経営状況が大口の経営状況に左右される。
大口の無理な要求を聞かざるを得なくなる。
など、デメリットがありますが、

豊田市も
トヨタ以外の輸入企業の誘致をするなど、
リスクの分散をしておくべきだったのかもしれません。

SAPICA

札幌の地下鉄乗車券もついにカード化が導入されました。

サピカ(SAPICA)というようです。

スイカ(SUICA)と違って、
乗車によって10%のポイントが加算されるようです。

現在、
JR北海道のキタカ(KITACA)とスイカを利用していますが、

両方のカードを定期入れに入れておくと、
定期入れ越しにタッチしても改札機はエラーになってしまいます。

なので、いちいち定期入れからカードを取り出して使っています。
便利さが半減して残念です。

キタカとスイカが一緒に使えるカードとなるのが待ち遠しいです。

キタカとスイカが一緒のカードになると、
キャラクターはモモンガとペンギンのどちらになるのでしょう。

ブータンの国王演説

先日、世界ふしぎ発見を見ました。
ブータンの国王の戴冠式の際の新国王の演説を見て感動しました。

「私は支配者にはなりません。
この国は皆と私の国です。

皆の親になり、
兄弟のように守り、
時には息子のように仕えていきたいのです。」

みたいなことをおっしゃっていました。

私もアンビシャス会計事務所に関わってくれている職員やお客さんに対し、そのような心構えで接することができればいいいなと思いました。

前国王も、「国民総生産」ではなく、
国民の文化や精神面の幸福を追求する「国民総幸福量」の強化を憲法で定めたらしいですし、
国民はそんな歴代の国王を心から尊敬しているようでした。

ばらまきで景気を回復させると息巻いている日本の首相に参考にしてほしいと思いました。

在庫管理

石屋製菓は、
09年4月期の最終利益が過去最高になったようです。

石屋製菓といえば、
賞味期限の改ざん問題がありました。

この不祥事を契機として在庫管理を徹底などが、
利益率の向上につながったようです。

月ごとの仕入れ量や生産量を
生産現場の経験頼みで決めていたところ、
過去の販売実績などのデータに基づいた理論値に変更したそうです。

こうすることで、
賞味期限の改ざんにつながる無駄な在庫の圧縮
仕入れコストの削減を実現できたそうです。

生産現場の経験頼みでは、
販売より生産を止めないことを第一に考え、
多めに仕入れて生産した結果、
賞味期限内に消化できないほどの在庫を抱えることになったのでしょう。

過去の実績等データ及び販売見込みを踏まえて生産することは大切ですね。

事務所移転しました。

12月1日より、事務所を移転しました。

ブログタイトルは江別で税理士ですが、
札幌すすきの駅前に移転しました。

よろしくお願いします。

新リース税制と消費税

平成20年4月に導入された
新リース税制では、
所有権移転外ファイナンスリース取引については、
原則として売買処理が義務付けられました。

ここで、法人税法上は、
賃貸料の支払を減価償却とみなすという規定があるため、
今までどおりの賃貸処理で問題ありません。

しかし、
消費税法上は、
そのような規定は無く、売買処理したとされてしまうために、
リース契約締結時に、
リース料総額に係る消費税を一括で仕入税額控除することになります。

会計上、賃貸処理をしているのに、消費税は一括仕入税額控除するなんて、
リースを複数契約している場合、事務が相当煩雑になってしまいます。

このような事情から、
日本税理士会連合会は、
平成21年度税制改正の稟議書で、
「初年度一括控除とリース期間中分割控除との選択性とし、実務の混乱を防止すべきだ」として見直しを訴えています。

確かに、賃貸処理をしているのに、仮払消費税と未払金を両建てするのか?
など実務では混乱してます。
中小企業会計基準、企業会計基準の少額リースの特例、法人税法では賃貸処理に対する配慮があるのに、
消費税法だけ配慮が無いのはおかしいと思うので、この見直しは実現して欲しいと思います。

飲める内視鏡

オリンパスメディカルシステムが、
錠剤のように飲み込める小腸用のカプセル型内視鏡について、
厚生労働省から日本での製造販売認可を取得したようです。

去年、胃カメラ、内視鏡を経験しました。
とてもつらくて、二度とやりたくないと思いました。

このカプセル型内視鏡が広まれば、随分患者の負担が軽減できると思います。
内視鏡が嫌で、検査を受けたがらない人も検査できるようになると思います。

小腸以外の胃、大腸用のカプセル型内視鏡も早く開発して、
社会保険が利くようになることを希望します。

内部統制、J−SOX解説DVD

アンビシャス会計事務所のHPに、
私が出ている、
内部統制、日本版SOX法解説DVDの前半部分をユーチューブで載せました。

「内部統制」「日本版SOX法」のキーワードは、
よく新聞やテレビで出てきますが、
その内容をわからない人は多いと思います。

そんな、「内部統制」「日本版SOX法」を知らない人に、
なんとなくわかってもらうことを目的で作ってみました。

そのため、
できるだけ簡単にして、
絵や図やテロップを使って、
突っ込んだ説明はしないように心がけました。

興味のある方は是非見てみてください。

アンビシャス会計事務所

薬事法改正で医療費削減?

昨日に続き、今日も、
日経に改正薬事法の記事が出てました。

薬事法の改正は、
ドラッグストアへの参入自由化を即し、
大衆薬品の価格を下げることで、
全額個人負担の大衆薬品を使用させ、
医療費(社会保険料)を削減しようとする国の政策でもあるようです。

大衆薬品の価格低下で、
病院を利用している人が、減るのかは疑問です。

改正薬事法

今日の日経で、来春の改正薬事法に関する記事が掲載されていました。

主に以下の3つの改正について書かれていました。

?風邪薬など一般医療品(大衆薬)販売の自由化

?薬剤師を雇用しなくても、医薬品販売で一年以上経験のある販売員が「登録販売者」資格を取得することで、大半の大衆薬を取り扱える。

?リスクの低い「第3類」の製品はネット通販でも販売できる。


?による影響は、
ドラッグストア以外にスーパーなど大手小売が参入することにより、価格競争が激化することでしょう。薬が安く買えるようになりそうです。
ディスカウントストアやヤマダ電機、コンビニなども参入予定のようです。

?による影響は、
現状、ドラッグストアの多くは薬剤師の確保に、大きな人件費(手当)をかけてきましたが、「登録販売者」に替えることで、コストの削減が可能となり、薬も安くなりそうです。
また、一般小売の参入自由化により「登録販売者」のニーズは高まり、現在の医薬品販売員にチャンスが生まれそうです。

?による影響は、
医薬品メーカーが「第3類」の医薬品を開発することで、卸を通さず、直接最終消費者へネット販売することにより、薬の価格は安くなりそうです。


今回の薬事法の改正は、
消費者には、薬が安く購入でき、ネット購入もできるようになり、
参入企業には、新たなビジネスチャンスを生み、
現在のドラッグストアは、コスト削減、
メーカーには、ネット販売での販路拡大、
医薬品販売員にも、「登録販売者」資格取得のチャンスを生みそうです。

オリンピック

連日、オリンピック盛り上がってますね。
体操団体の銀、谷本選手、北島選手の連続金、なでしこジャパンのゴールラッシュ!北海道出身の上野選手の金などテレビに釘づけです。

なお、特に、男子体操団体の坂本功貴選手は、江別市出身のようで、江別市民として誇りに思います。

さて、オリンピックの報奨金の税金はどうなっているのでしょうか?

オリンピック競技大会における優秀な成績を顕彰するものとしてJOCから交付される一定の金品については、税金はかかりません。
1994年に、スポーツ振興を図ろうと税制から支援したものです。

ちなみに、ワールドカップの時に同じ内容を前にも書いてました↓
http://ebetsudezeirisi.8.dtiblog.com/blog-entry-35.html

がんばれ日本!

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

ebetsudezeirisi

ebetsudezeirisi

札幌のすすきの駅前にある、「晴ばれビル」で税理士と公認会計士を開業している(32)です。
↑の写真は、野幌の実家下で運営している焼き鳥屋「とり大」の看板犬、「エスちゃん」です。もう17歳ですが、元気です!

札幌、江別及び江別近郊
(札幌、野幌、大麻、厚別、南幌、当別、北広島、岩見沢、千歳、石狩等)
でお仕事
(顧問税理士、税務申告、上場子会社顧問、会社設立、独立起業、株式公開準備等)
ご依頼の方はコチラのサイトをご覧下さい→
「アンビシャス会計事務所」
http://www.anbi.jp 
(下にリンクがあります。)

アンビシャス会計事務所が加入しているグループ
→あかり会計グループ
http://www.akari4.com
(下にリンクがあります。)

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Categories

Links

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly