江別で税理士

日常及び仕事で思ったこと、考えたことを適当に日記にしてきます。

2008.01 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  » 2008.03

道路工事

先日、日高の道路工事について書きましたが、

今日の朝のスーパーモーニングでも道路工事について特集していました。

道路の専門家の人によると、
日本では、当初は見積りを甘くし、その後工期を延ばすことでコストを増やす。これを俗に「小さく生んで大きく育てる」と言うそうです。

工期を延ばすことで、建設会社にお金を落とし、それを口利きした政治家がバックしてもらうと図式があるということも言っていました。
(これを俗に「まんじゅう5個(国交省の予算の5%が政治家に流れる)」というらしいです)

日高の無駄となっている道路工事も、もしもこれに該当するならば、残念です。

これに対して、欧米(たしかイギリス?)の道路工事は、

見積りの工期以内に終われば、建設会社の報酬が上がり、
見積りの工期以上かかれば建設会社にペナルティーを課せられるそうです。
これにより、建設会社にインセンティブが生まれ、コスト及び工期の短縮が図られているそうです。

また、税収の範囲内での工事予算に抑えるため、利息コストもかからないそうです。
(日本では債務で賄っているため、利息コストがかかり、さらに工期が長期化しがちであって利息コストが膨れてしまう)

このような他国のよい政策を日本も見習って欲しいです。

民間も見習うべきところがあるかもしれません。

日高の道路

報道ステーションで、
日高の無駄な道路について報道されていました。

日高と帯広を結ぶ道路を、
当初300億円の見積りで着工し始め、
現在550億円かかっており、
完成までにあと900億円位かかるので、
道路工事が中止され、再開のめどがついていないという内容のようでした。
(記憶をたどって書いているので数字は違うかもしれません)

300億円の見積りが、1350億円(550+900)??

当初から1350億円と見積もられていれば、道路建設に承認は下りず、550億円の無駄な税金の投入は無かったかもしれません。
このため、550億円の無駄。
550億円もあったら、夕張も赤平町も随分と助かるでしょう。

見積りが甘いとしか思えません。
さらに、甘い見積りを承認した責任も大きいと思います。

現在、上場会社の子会社における内部統制の相談でお話をさせていただいていることがあるのですが、
新規取引開始における、見積り及びその承認については、見積りについて他
部署によるチェック、承認した決裁権限者の責任の所在を明確にすることなどが厳しく求められてきます。

公共工事における意思決定についてもその辺の基準を明確にして、無駄な税金投入をできるだけ回避できる組織構造にして欲しいです。

取扱い説明書

「KDDIは、au端末に同梱されている取扱説明書の回収とリサイクルを、全国のauショップで開始した。
取扱説明書やパンフレット、チラシ、個装箱を店舗に持ち込むと、
循環再生紙としてKDDIの印刷物へ100%リサイクルする。」
というニュース。

上質紙を使用しているにも関らず従来家庭ごみとして処分されていた取扱説明書などを、
全国規模で効率的に回収・リサイクルすることで国内での供給がひっ迫する古紙不足に対応するそうです。

確かに携帯は機種変更するたびに、上質紙で分厚い取扱説明書がついてきます。
一度目を通したら、その後は、ほとんど見ずに邪魔になったら燃えるごみとして、捨てられることが多いのではないでしょうか。
資源として再利用できるにもかかわらず、もったいないことです。

使わない取扱説明書は結構あるように思います。
例えば、私の会計事務所では、過去の年度版の弥生会計などの会計システム、税務申告システムの分厚い取扱説明書があります。

このような取扱説明書も結構上質紙でできてます。
取扱説明書を専門に回収してみると上質な再利用可能資源が回収できるのでは?と思いました。

ライオン2

先日ライオンが生産サイクルを1ヶ月→10日間にすることにより在庫の圧縮を目指すニュースについて書きましたが、

今日の日経では、
ライオンが、生産サイクルを短縮することにより、需要予測の精度を増す。
需要予測の精度が増すことにより、販売継続か終了かの判断をしやすくする。
販売終了の判断の迅速化により、品目数を5%減を見込む。

品目数の減少(売れ筋に絞る)は、原材料高騰に伴うコストの効率的活用、広告費などの販売促進費を売上の拡大したい商品に回すなど、生産効率、販売効率向上につながるとのことです。

生産サイクルの見直しが、生産効率、在庫圧縮にどれほど効果があるのかライオンの今後の発表を期待したいです。



事務所の下に昨年12月オープンした「とり大」
おかげさまで、2ヶ月経ちました。

売り切れにより、
ご来店いただいたにも係わらずお買い求めできなかったお客様には、本当に申し訳なく思っております。

お客様のご要望にお答えできるよう、精一杯精進致します。
今後ともよろしくお願い致します。

現在、レバーが人気です。やわらかく仕上げてます。


振動発電

私の携帯(PHS)は、充電が1日くらいしかもちません。
電話やメールが多い日は、半日くらいです。
そのため、アダプターを鞄の中に入れています。

先日、NHKで「日本人が振動発電を発明」という特集がやっていました。

振動するエネルギーを電気に換えるシステムのようです。

電車内の振動や高速道路の振動で、高速道路の街頭などの電気を賄うことを目指しているようでした。(今はまだ発電量が足りないようですが)

そのほか、テレビのリモコンのボタンを押した振動のエネルギーでリモコン自らの使用電気を賄い、電池がいらないリモコンを作ろうとしていました。

テレビリモコンに消費されている乾電池は年間10万本くらいらしいです。
これが削減できると、環境問題にもいい影響を与えますね。

これを応用して、携帯やPHSもボタンを押す振動や持ち歩く振動、会話の振動などで自家発電して欲しいと思いました。
充電の手間も省けるし、エコにもなりそうです。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

ebetsudezeirisi

ebetsudezeirisi

札幌のすすきの駅前にある、「晴ばれビル」で税理士と公認会計士を開業している(32)です。
↑の写真は、野幌の実家下で運営している焼き鳥屋「とり大」の看板犬、「エスちゃん」です。もう17歳ですが、元気です!

札幌、江別及び江別近郊
(札幌、野幌、大麻、厚別、南幌、当別、北広島、岩見沢、千歳、石狩等)
でお仕事
(顧問税理士、税務申告、上場子会社顧問、会社設立、独立起業、株式公開準備等)
ご依頼の方はコチラのサイトをご覧下さい→
「アンビシャス会計事務所」
http://www.anbi.jp 
(下にリンクがあります。)

アンビシャス会計事務所が加入しているグループ
→あかり会計グループ
http://www.akari4.com
(下にリンクがあります。)

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Categories

Links

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly