江別で税理士

日常及び仕事で思ったこと、考えたことを適当に日記にしてきます。

2006.09 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2006.11

中小企業も四半期

中小企業金融公庫が中小企業が四半期決算を提出することを条件に経営者の保証なしで融資する制度を来春よりはじめるそうです。

他の金融機関も追随するかもしれないです。

ついに、四半期の波が中小企業まできましたか。
大企業でもまだ四半期が確立していないのに、中小企業がどこまで正確な数字をだせるのか疑問ですが。

四半期

四半期会計基準の公開草案によれば、 対象となる四半期財務諸表は、四半期貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書の3つとのこと。
このうち、四半期損益計算書については、「3か月ごとの情報」と「期首からの累計情報」の2つを開示することになっている。

3ヶ月ごとの情報は新たな試みです。
引当繰入、税効果等新たな議論が出てきそうです。

また、損益計算書は3ヶ月ごとの情報を出すのに、なぜキャッシュフロー計算書は累計のみなのでしょうか。

東京三菱

三菱UFJが、政治献金を再開するよう日本経団連から要請を受けたようです。

国民の血税より莫大な公的資金を注入した各銀行は、いまや回復し莫大な利益を出しています。
しかし税務上の繰越欠損金があるため、あと数年は法人税を払わないと言われています。

もし大手銀行と郵政公社が法人税を払うとすると、消費税は上げなくてすむかもという人もいます。

国民への還元ではなく、政治献金ですか。

預金金利を高くしたり、借入れ利息を小さくしたり、各種手数料を下げるなどして民に還元して欲しいものです。

エコファンド

環境省は来年度から、環境重視型の投資信託「エコファンド」に投資する個人投資家について、税制の優遇措置を設ける方針を固めたようです。

個人投資家がたエコファンドに投資した場合、所得税の対象となる年間の投資利益から、エコファンドへの投資金額が控除できるのが特徴。エコファンドで利益が出た場合は、半額についてのみ課税し、損失が出た場合は3年にわたり繰り越しを認めることを検討しているとのこと。

なお、対象は、環境問題に積極的に取り組んでいる中小企業や環境事業に対して投資する「エコファンド」で、環境省が認定したもの。

環境問題に支出した金額を所得より控除するというのはいいですね。

利益がでたら半額課税となってますが、そもそもエコファンドって利益でるのでしょうか。
エコファンドが環境目的ではなく利潤目的のビジネスモデルであれば、この税制は効果的な節税商品として利用されるおそれがあります。

損失は3年繰延べられるとなってますが、分離課税なのか、総合所得と通算できるのかも気になります。

発電

最近原油価格の高騰で、自家発電が減少していると聞きます。

しかし、JR東日本が通勤ラッシュのエネルギーでの発電を考えているとのこと。

東京駅で、乗客が改札を通る際の振動で電気を起こす「発電床」を実験。

確かに、東京の通勤ラッシュは凄まじいものがあります。

このエネルギーが充分活用できて、他の混雑する場所にも安く導入できるようになれば、風力、水力に勝る人力発電が実現できるのでは?

新たなクリーンエネルギーに期待です。


定年廃止助成金

厚生労働省は、来年10月より厚生年金の支給開始年齢引き上げに合わせて定年を廃止したり、定年を65歳まで引き上げる中小企業に対し、最高で年間120万円の奨励金を支払う制度の導入を決めたようです。

 年間の助成額は、従業員数9人以下が40万円、10〜99人が80万円、100〜299人が120万円となるようです。

従業員2、3人の中小会社には実質的に定年がない(体がもつまで働く)のが多いと思います。

そういう会社にはこの助成金は役に立つでしょう。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

ebetsudezeirisi

ebetsudezeirisi

札幌のすすきの駅前にある、「晴ばれビル」で税理士と公認会計士を開業している(32)です。
↑の写真は、野幌の実家下で運営している焼き鳥屋「とり大」の看板犬、「エスちゃん」です。もう17歳ですが、元気です!

札幌、江別及び江別近郊
(札幌、野幌、大麻、厚別、南幌、当別、北広島、岩見沢、千歳、石狩等)
でお仕事
(顧問税理士、税務申告、上場子会社顧問、会社設立、独立起業、株式公開準備等)
ご依頼の方はコチラのサイトをご覧下さい→
「アンビシャス会計事務所」
http://www.anbi.jp 
(下にリンクがあります。)

アンビシャス会計事務所が加入しているグループ
→あかり会計グループ
http://www.akari4.com
(下にリンクがあります。)

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Categories

Links

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly