江別で税理士

日常及び仕事で思ったこと、考えたことを適当に日記にしてきます。

2006.03 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2006.05

パチンコ

パチンコホールの上場が申請受理後に認められなかったようです。

上場準備には、膨大な費用と膨大な労力が費やされます。
上場による資金調達を見込んで、投資計画も立てているでしょう。
申請の受理まで行っていたとのことだと、損失は計り知れません。相当なショックだったでしょう。

会社が悪いのではなく、パチンコホールという業種が上場できないのであれば、申請受理となる前の段階(ジャスダックへの相談の段階)でジャスダック市場から「上場は無理」の旨のアナウンスがあっても良かったと思います。

連敗

くそーコンサドーレまた負けたー。
チャンスはあったのになあ。
首位と勝ち点9差になってしまった。
次がんばって!



社外役員

木村建設の粉飾について、監査役をやっていた税理士は、監査をやっていなかったと認めました。
通常の中小企業であれば、名前だけの監査役は実際に監査をしないのが実情でしょう。

会社法では、一定の条件で機能していない監査役を廃止し、取締役だけの機関構成も認められるようになります。

しかし、今までどおり監査役や取締役会を廃止せず、役員の人数合わせの為に社外の人に名前を借り続ける場合、公開会社(譲渡制限規定のない会社)であれば会社法上以下の事項を事業報告書に記載しなければならなくなります。

・各社外役員の主な活動状況(以下?〜?を含む)
?取締役会への出席の状況
?取締役会での発言の状況
?当該社外役員の意見により事業方針や決定が変更された場合、その内容
?法令や定款に反する行為や不当な行為が発生した場合、社外役員が発生の予防、発生後の対応として行った行為
・社外役員の報酬の総額

実際に不正が発生した場合にどのような行為を採ったかまで記載することになるので、社外役員をお願いするとき及び引き受ける時にはこれまで以上に慎重になる必要がありますね。

小学生

小学校の教師の給料が4%減るらしいです。

小学校の「英語」授業導入であわててた先生にはダブルパンチですね。

塾に行けない小学生の為に教師OBが無料で教える案、土日に本当の塾講師が小学校に教えに来る案等、今小学校が大革命期にあります。

ゆとり教育により学力が低下してしまったつけが来ているのでしょうか。
しかし、くれぐれも、小学生を混乱させることはしないで欲しいです。

日本版SOX法による需要

来年から日本版SOX法が始まります。

日本版SOX法は、会計処理に不正やミスがないようにする業務面、IT面での内部統制の整備を株式公開企業に対して義務付けるもので、今年4月にも法制化される見込みです。

この日本版SOXの需要は財務会計システムの更新やセキュリティー対策、文書管理システムなどが含まれ、06年の市場規模は975億円で、08年にピークの2607億円となる見込みとのことです。驚きです。

IT関連会社にはおいしい話ですが、システムを導入する会社にとっては、笑えない話ですね。

決算早期化

東京証券取引所が決算発表を決算日から45日以内にすることとしようとしています。
現在、45日以内に決算発表をしている企業は40%位で、残り60%の企業は決算早期化にむけ、決算手続きから会計システムから見直しすることになるでしょう。

決算発表を4月3日と超早期化を実現している3社によると、「会計システムを簡素化し運用のルールを徹底する」「売上げに関しての決済を簡素化し(掛売りを極力やめる、月をまたぐ取引をやめる)、複雑な処理を防ぐ」ことが決算早期化のこつらしいです。

これにより、あみやき亭は日次決算を可能にし、午後3時には前日の売上げを把握しているとのこと。しっかり経営にも利用しているんですね。

しかし、全ての会社が45日以内に決算発表をするのであれば、会計監査も早期化することになります。
質の高い監査には、ある程度の時間が必要であるし、会計士の人数も限られているため、個人的に45日ルールは反対です。

マイカップ自販機

滋賀県でマイカップ自販機が導入されたらしいです。

ジュースを買う時マイカップを持参して、注入口に入れ、マイカップボタンを押すと、、
紙コップが落ちてこず、10円が出てくるとのこと。おもしろい。
県庁の3箇所で導入するらしく、年間144キロの紙ごみが減らせるらしい。

最近、スーパーの袋有料化とかある中、環境保護したらお金が返ってくるというのは逆の発想でおもしろいと思います。

わりばしの原料は中国から90%ほど輸入しているらしいですが、中国は来年、環境保護からわりばしの原料を輸出しないと主張しているようです。
他の輸入先を見つけない限りこのままでは、わりばしが無くなってしまいます。
わりばしを使わないととお金が返ってくる発想でなんとか全体の使用量を減らし、問題を解決して欲しいです。

役員賞与

役員の賞与については、今まで損金に算入されませんでした。

しかし、18年改正により、

定期同額給与以外の支給形態(賞与のこと)で役員に報酬を支払う場合に、賞与について税務署に事前(役員給与に係る職務執行を開始する日か会計期間開始の日から3ヶ月以内の早いほうまで)に届出れば、経費として認められることとなるようです。

これで、税務上も会計上も経費となります。

なお、非常勤役員等に年一度報酬を支払う場合、今までは報酬として損金算入できたところ、これからは定期同額給与以外の支給形態として事前届出をしなければ損金算入できないようですので注意が必要です。

あと、実際の賞与支給額が届出した賞与以下となった場合でも、届出した額に伴う源泉徴収が必要となるということですので、利益を見込んで多めに届出る場合には気をつけましょう。

駐車違反

駐車違反の取締りが6月から民間に委託されます。

そのほか、
・違反者が罰則金を支払わない場合、車両の所有者が罰則金の支払い義務を負う。(違反者の3割位が出頭がない現状への対応策)
・今まで、チョークでマークをつけて一時間後にまだ違反していたら、違反としていたところ、その一時間の猶予がなくなり、即違反となる。

という、とても厳しいものとなるようです。気をつけましょう。

なお、税務上は、従業員の罰則金等を会社が支払った場合。
?業務に関連する違反行為であった場合→国に対する制裁金として、損金への算入が認められない
?業務に関連しない違反行為であった場合→従業員への給与

となります。
また、違反金以外のレッカー代等は違反行為が業務の遂行中に起こされたものであり、会社が負担することに相当の理由が認められれば、給与以外の損金として計上することができます。

TOBルール、新株発行ルール

TOBと新株発行ルールの見直しを考えているようです。

「20%超の新株発行は総会決議を義務付ける」(東証)
価格は公正であっても、支配力等、既存株主の利益を害する恐れがあるからでしょう。

TOBについては2/3以上の取得を目指す場合、応募株を全部買い付けることを義務付けるようです。
ということは、事前に市場の株を全部買い付けるだけの莫大な資金の用意することが必要になるので、TOBをするには慎重にならざるを得ないですね。

さらに、全部買い付けとなると上場廃止に直結することになってしまうので上場企業を買収したつもりが、非上場企業となってしまう恐れもありますね。。

コンサ函館

コンサドーレ、柏レイソルに負けたー。
後半ロスタイムに逆転負けかー。

フッキも退場で次の試合出れないー。

負け癖を付けずがんばってくれー。

空気

会社の人と、
「子供のころは、水なんかを150円で買うとはおもってなかったよねー」
と話していた。
思ってもみなかったもので次は何が売れるのだろう。
「水の次は空気か?」ということになった。
すでに、スポーツ後とかに濃い酸素を吸入したり、酸素バーなるものがあるが、酸素だけに注目するではなく「おいしい空気」が売れたりして。
「高度何百メートル」の空気とか「アルプスの空気」とか。
そうなったら何の容器に入れて販売するのだろう。

留保金課税

法人税18年改正で同属会社の留保金課税が変わります。
留保金課税とは簡単に言うと所得等のうち配当等をしないで留保した金額に10〜20%の税率でかる税金です。

結構影響が大きいんで適用となるか否かは注意が必要です。

18年度改正では、留保金課税につき
?適用会社が少なくなる。
?不適用特例が廃止される。
?留保金控除額が多くなる。
となります。

?は適用会社が
同属会社3株主グループで50%超の会社→1株主グループで50%超の会社
となります。

?は不適用特例のうち
設立後10年以内の中小企業→廃止
自己資本比率50%以下の中小企業→廃止
となります。

同族会社の大半を占めるオーナー会社において、?で不適用となる会社はそれほどないと思われますが、自己資本比率の特例が廃止されることにより?で適用となる会社は多いと思います。昨日の武将社長もこれで留保金課税適用になるためあわてました。

他の人に株を持ってもらうなど、早期対策をしなくてはいけないですね。

武将

今日会った社長は超ダンディーで只者ではないオーラを持っていました。

よく聞くと、ある戦国大名の子孫ということ。
なんとなく似ているような。
社長室には家計図の巻物があるらしい。

「無礼者っ!」って切られる恐れがあるので、
社長の前では言葉を慎重に選びます。

shinjo

新庄選手の引退表明残念です。

日ハムが札幌ドームをホームにした時、
北海道民と日ハムとを盛り上げた立役者は紛れも無く新庄選手です。
今シーズンで最後となりますが、今までどおり暴れてください。そして優勝だ!

イエローカード

福岡県が、自動車税の徴収の催告通知に
イエローカード、レッドカードと色をつけたところ
税収が2億も増えたそうですね。

こりゃ、
滞納がちな得意先への請求書も、
2回目イエロー、三回目レッドの紙を使うべきかもしれないですね。

有料ごみ袋

江別では全国に先駆けて有料ごみ袋を採用しています。
最初は抵抗がありましたが、もうなれました。
市民みんながごみ有料ルールに注目したことでルールを守らない人は減少しごみ自体少なくなって町はきれいになりました。

なお、20リットル袋で80円もします。
貧乏症なんで袋にごみをぎゅうぎゅうに詰め込みすぎて破れてしまうことも多々あります。

ペットボトルや空き缶は燃えないごみでの袋でも出せますが、きちんと分別さえすれば資源ごみとして無料で持っていってくれます。
分別で節約できるので江別の分別は進んでいると思います。
全国でごみ袋有料化がすすめば、日本もきれいになるはずです。

あとは、有料化することで市に入る収入が市民のために適正に使われることを望みます。

スカイマーク

スカイマークエアラインの新千歳・羽田間の就航が認可されたらしい。
スカイマークの算入により、価格競争が激化し、道民はより安く東京にいけることとなります。
また、便が増えることで利便性が増し、北海道への経済効果は大きなものになるでしょう。
しかし、条件付とはいえ、ここ連続して安全より利益を重視し、整備をおろそかにしていた航空会社をあっさりと認可していいんだろうか?
人の命がかかっています。大事故が起きてからは、取り返しがつかない。
もうちょっと時間をおいて整備の運営状況の観察をしたうえで認可の可否を判断すべきだったと思います。

でも、北海道に来てくれるスカイマークさんには感謝しています。
安全第一でがんばってください。

製造業がんばれ!

買収に係る財務内容調査に行ってきました。

過去に売れに売れて、生産能力の増強(投資)を続け、
営業努力、開発力をおろそかにしたばかりに
気ずいた時には、売上げ50%減となってしまい
資金も底をつき、自己での回復ができなくなった典型的事例でした。

設備投資を十分にしていたこともあって、いいものは作る能力は十分にあるので、得意先の開拓さえできれば買収する会社にとってはいい案件です。

もう2,3年早く調査依頼がきたていたら、分析的なアドバイスもでき、マーケティング次第では自己回復も可能だったのになーと残念に思いました。

北海道には製造業が少ないので、買収されてもがんばって欲しいです。

譲渡制限会社

もうすぐ会社法が施行されます。

「会社のほとんどが譲渡制限会社で中小会社ばっかりなんだから、簡易な機関構成でもいいんじゃない」という考えから、
譲渡制限会社であれば、役員の任期を10年にできたり、機関を取締役1人だけにできたりすることができるようです。

しかし、実態は定款に株式の譲渡制限を定めているのは中小企業のうち60%くらいにすぎなかったようです。びっくり。

譲渡制限会社でないと、上記の会社法の恩恵が受けられませんので、定款に譲渡制限を定めていないかの調査をしたほうがいいですよ。

交際費改正

交際費のうち1人当たり5000円以下は損金算入可能になります。
そのために
?飲食等のあった年月日
?飲食等に参加した得意先仕入先、その他事業に関係ある者等の氏名又は名称及びその関係
?飲食等に参加した者の数
?費用の金額並びにその飲食店、料理店等の名称及びその所在地
?その他参考となるべき事項
を記載しとかなきゃいけないようです。
飲んでもこれからは領収書だけ控えとくってわけにはいきませんね。

刺激

若い社長と飲みました。
いろいろ新規事業の立ち上げを考えていて、
非常に刺激になりました。
はやく、なにか事業を起こさねば!

はじめ

コンサ勝利
相川選手三試合連続ゴール!
調子いいねー

このまま北海道盛り上げて欲しいっす。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

ebetsudezeirisi

ebetsudezeirisi

札幌のすすきの駅前にある、「晴ばれビル」で税理士と公認会計士を開業している(32)です。
↑の写真は、野幌の実家下で運営している焼き鳥屋「とり大」の看板犬、「エスちゃん」です。もう17歳ですが、元気です!

札幌、江別及び江別近郊
(札幌、野幌、大麻、厚別、南幌、当別、北広島、岩見沢、千歳、石狩等)
でお仕事
(顧問税理士、税務申告、上場子会社顧問、会社設立、独立起業、株式公開準備等)
ご依頼の方はコチラのサイトをご覧下さい→
「アンビシャス会計事務所」
http://www.anbi.jp 
(下にリンクがあります。)

アンビシャス会計事務所が加入しているグループ
→あかり会計グループ
http://www.akari4.com
(下にリンクがあります。)

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
/

Categories

Links

Search

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Monthly